パッケージ情報

公開日:2018年3月27日 / 最終更新日:2018年3月28日
投稿者:

概要

本システムではクラウドServer上に構築された一次DB(MongoDB)から任意のロボットのセンサーデータを取得し、クライアントPC上に二次DBを構成します。構成した二次DBのデータを基に、Choreonoidにインポートできるファイル(不定間隔時系列の標準ボディモーションファイル)の作成を行います。尚、ファイル作成は表示するロボット毎(1ロボット1ファイル)に行います。
また、本システムは一次DBにロボットセンサーデータが既に書き込まれていることを前提としています。

カテゴリ
タグ
ハードウェア
OS
Linux(Ubuntu16.04)/Windows(8.1)
言語
OpenRTMのバージョン
1.1.2
関連するRTコンポーネント(登録済み)
ロボット移動軌跡RDBRTC
ロボット移動軌跡RDB制御GUI
関連するRTコンポーネント(外部サイト)
問い合わせ先
株式会社 東日本計算センター
ライセンス
著作権
会津大学
ドキュメント
ユーザーズマニュアル_ロボット移動軌跡表示
関連リンク
その他
ファイルダウンロード

ダウンロード回数:0

更新履歴

更新日 コメント ファイル履歴
2018年03月27日 初回登録 ダウンロード
2018年03月27日
2018年03月27日

コメントする

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...